« 2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その弐「白石酒造」 | トップページ | 2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その四「霧島町蒸留所」 »

2011年11月10日 (木)

2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その参「祁答院蒸溜所」

P1020448 2日目は当店でもお馴染み「青潮」を造る「祁答院蒸溜所」から。

蔵は写真のいむた池(というより湖?)の近く、いむた温泉郷の中にあり、のどかな場所にあります。

P1020472 次の写真は杜氏さんと蔵前で。

P1020453 麹造りは蓋麹による手間暇掛けた完全手造りです。

P1020471蔵は天井が高く開放的で、敷地も広いのですが、麹が手造りで大量生産できない上にカメの数も少ないのでわずか200石しか生産することができません。

P1020458 「青潮」は全かめ仕込みで行われます。

P1020459 P1020461 「木々の目覚め」等で使用される木槽は他にはないこの蔵の特徴。

深さは2m以上あり落ちたら終わりですcoldsweats02

側面の飛び散り方から発酵の元気良さがわかります。

P1020462蒸留器はステンレス製と木桶の2種類があり、焼酎によって使い分けられます。

P1020469 蔵の裏手には洞窟があり、ここでは年間を通して温度が一定の上、光が入らないので、焼酎の熟成庫として使用されています。

様々なこだわりが感じられるこの蔵の代表作「青潮」は今年、鑑評会で第一位、梛(なぎ)の葉は優等賞に輝きましたshine

P1020465

「祁答院蒸溜所」詳細&販売ページ:http://yamazakiya.biz/kedoin.html

P1020467当店は祁答院蒸溜所の正規特約販売店です。

|

« 2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その弐「白石酒造」 | トップページ | 2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その四「霧島町蒸留所」 »

焼酎」カテゴリの記事