« 閑話休題・日本酒「鍋島」23BY新酒入荷しました! | トップページ | 2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その六「若潮酒造」 »

2011年11月10日 (木)

2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その伍「丸西酒造」

P1020518 第5回目はぐっと南下し鹿児島県の西側部分、大隈半島の南端、志布志に移動。

東京ではあまり知られていないが、地元では大きな支持を受けている実力蔵「丸西酒造」さんを訪問。

丸西酒造さんは100年以上の歴史を持つ蔵で、創業当初からのカメ壷を大切に使用しています。

また、造られる焼酎で最も注目なのがレギュラー酒。価格からは考えられない非常に高いレベルの味わいで、私は毎日、晩酌でいただいておりました。

P1020519こちらも麹はドラム式で蒸され、三角棚で造られていきます。

  P1020520

P1020524_2

P1020522 100年以上使用されている和がめでは黒麹のモロミが沸々と湧き上がり、微生物たちの生命力が伝わります。

P1020530 P1020528 芋洗い器で綺麗に洗われた芋は小さめの蒸し器で蒸されます。

P1020531

P1020533 蒸留器は二本の渡りがあるのが特徴で、常圧と減圧の両方に使用できます。

こちらは若き杜氏の田村さんです。

P1020534和がめがズラッと並ぶ姿は歴史を感じ、壮観ですね!

P1020536P1020538 蔵のお隣には新設されたばかりの商談場兼ショールームである「悠古庵」があり、窓からは自社芋畑が望めます。

こちらの畑では減農薬で芋が栽培されています。

P1020541   

この蔵もやはりこだわりが随所に感じられる素晴らしい蔵でした。

造られる焼酎達もどれも個性的で素晴らしいので是非、お試し下さい。

「丸西酒造」詳細&商品販売ページ:http://yamazakiya.biz/marunishi.html

※当店は「丸西酒造」の正規特約販売店です。

|

« 閑話休題・日本酒「鍋島」23BY新酒入荷しました! | トップページ | 2011年鹿児島県焼酎蔵訪問記~その六「若潮酒造」 »

焼酎」カテゴリの記事